30代になると出会いが一気に減る

30代になると同世代の人達が結婚していき出会いが一気に減っていきます。20代ではそこそこモテていたものの30代になったら年齢とともに肌に衰えが出てきたり、若々しさが無くなってきて異性から相手にされなくなったという人も多いのではないでしょうか。30代になると会社の同僚や学生の頃の友人はみんな結婚していき恋愛対象となりやすい同世代の人たちが減っていくのです。だから30代の恋愛を上手くやるコツでもありますが、これからは自分から積極的に出会いを求めて行動しないといい出会いは作れないということを知っておかないといけません。いい出会いがなく、出会いを求め行動しなかったからこそ独身のままですし、恋人がいない状態で過ぎてきたわけですからね。出会いを作る方法としては友人からの紹介、合コン、婚活サイト、恋活サイト、お見合い、街コン、結婚相談所などがあります。友達から異性を紹介してもらえるならせっかくなので紹介してもらいましょう。婚活サイト・恋活サイトも無料のものはとりあえず登録してご縁がないか確かめてみましょう。ひょっとするとあなたにとっていいサービスだと思えるかもしれませんし、運命の人と出会えるかもしれません。お見合い・街婚も時間があれば積極的に参加してみましょう。今では平日の夜に開かれるお見合い・街婚サービスもあるので仕事が平日休みの人は調べてみるといいと思います。結婚相談所も成婚率が非常に高いので1年2年の間に結婚したい人は結婚相談所を利用するのもいいと思います。結婚相談所は料金が高いですが、自分から積極的にアプローチできず独身のままズルズルきている人はアドバイザーさんがいるので使ってみるのもいいと思います。いままで結婚できなかった理由や恋愛できなかった理由、彼氏彼女ができない理由を第三者の視点でアドバイスしてくれるので婚活において有益なサービスです。30代で出会いを求めている人が知っておかないといけないことは、30代で結婚した人は自然な出会いで結婚できた人は少ないということです。実際は婚活サイトや結婚相談所、恋活サイトといった有料サービスを使い結婚まで至った人が多いのです。30代は出会いのきっかけが少なく20代の頃に比べて恋愛の機会が減ったと実感する人は多いです。20代の頃は周りで結婚している人が少なく同世代の恋愛対象となる人が多かったのに対して、30歳を過ぎると同世代は結婚して恋愛対象でなくなるので違ってくるのです。会社で出会いを求めても、今いる同僚が恋愛対象じゃなかったら新たな恋は生まれにくいです。職場に新入社員・中途社員、派遣会社からやってくる派遣社員が常に新しく入ってくるわけではありません。仕事によっては土日休みではなく平日休みのため出会いが少なかったり、バーや居酒屋、クラブなど出会いが期待できる場所に出向いても世の中の多くの人は平日休みではないので恋愛対象となる異性が少ないのです。仕事がシフト制で毎月の休みが決まってなく平日休みになっている人も職場では出会いが少ないと思います。看護師やSE,国家公務員、ベンチャー企業社員、ブラック企業の社員、美容師、不動産会社社員などは仕事が忙しかったり、平日休み、仕事が不規則などで出会いが少ないでしょう。まとめると30代は自分から行動して出会いを掴まないと何も始まりませんということです。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です